FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとしたことですが 


はい、再び今日はー 時彦です

こちらは学校のことだったり
自分の話だったりで、ゲーム要素がございません
興味があるお方は追記からどうぞー


パパコンガの話はまた今度^^
イャンクック先生に挑んでから書きたいと思います('A`)


とりあえず、ではでは!


とりあえず
郵便局のバイト、面接通過しましたー
普段ならやっほほーい(ネタ分からない方すみません)と喜ぶところなのですが
インフルエンザによる学年閉鎖で、スケジュールがごたごたしており
あんまり手放しで喜べないことが発覚

12/25と01/06にも、バイトおkと書いてしまっているので
もしそこにシフトを入れていただいていたら…
何時からかも気になるところなんで、後日郵送されるというシフトを待ちたいと思います


そしてそして
なんと
2-1、ナルシストムービー関係者が
新部活設立を目論んでおります^^^^^^^^

顧問・副顧問を引き受けてくださる先生は、一応見つかり
そのなかになんと某先生も
ある一室を部室として使用する許可を頂けたり
なんとそこは某先生の部屋のとなr(ry
ボルテージが上がりきってオーバーヒートしてしまうような展開になってます
あ、勿論パンクしてるのは自分だけですとも

ちょっとばかし、ちゃらけた雰囲気を醸し出してしまいましたが
皆しっかりきっちり、熱心に行動をしております
部活にならなかったら、有志として展示を行う予定…だったような

帰宅部として一生懸命活動に励んでいた自分ですが
(つまり毎日しっかり帰っていたわけですが)
こちらが部活として成立したら、入部したいなと思ってます
といいますか、いつの間にか会計に昇格していました

なにはともあれ、12月はじめのテストを乗り切った後が楽しみです
gdgdな文章で申し訳ないです
ではでは!

はい、ここからが本番です
反転にしている理由は…まあ、暗い話でうっとおしい というのが理由かな

11/17 雨が降りました
自分は雨の中、自転車で登校できないヘタレなので
寝ぼけ眼で少しイライラしながらバスに乗りました
寝/屋川/市役/所前でバスを降り
高専生なら分かるであろう、細い道を学校に向かって歩いていたのですが

その途中、猫が死んでいました
いや 死んでいたのかは分からないんですが
白が基調の茶色と黒の猫でした
多分、茶色と黒だったと思うんです
道路の真ん中で、自分に背を向けた状態で倒れてました

思わず立ち止まってしまい
二度見しました
よく見ると、道路がほんのり赤くなっていて
それに気がついたとたん、なんだか音が無くなった感覚になり
そこから動けなくなりました
背を向けていたので、首輪が見えず 野良か飼い猫か分かりませんでした

自分の後ろから歩いてきていたおばさんやおじさんは
その横(とはいえ、かなり幅はあるのですが)をすーっと通っていくばかりで
自分も頭の中で

まだ生きてるかもしれない
いや死んでるのかもしれない
まだ助かるかもしれない
目が飛び出てるかもしれない

助けようか
見なかったふりをしようか
抱き起こして病院に連れて行こうか
でも病院の場所が分からない
学校に持っていこうか
もって行ってどうなるわけでもない
それでも野ざらしではかわいそうだ
でも虫がわいてるかもしれない

とかなんとか、ぐるぐるやっていまして
結局、その猫を
道路に放置したまま、近づくこともなく、学校に行きました

一時間目CADだったんですが
寒いし吐き気がするし、猫の残像がちらつくしで
結局適当にきりあげてしまい

友達と教室に向かいながら
ああ、こんなことなら、あの猫を拾いあげたら良かった なんて
他人行儀のような振る舞いをしてしまった なんて
ちょっと決まりの悪い思いをもった ような雰囲気だったのですが


それでも、帰りに駅に向かう途中
どうも猫の倒れていた道を通れなくて
結局他の道を選んで通ってしまって

猫一匹に対しても
満足に接してやれなくて
野良猫だろうと、飼い猫だろうと
そこで倒れてた猫を
雨から守ることさえ、躊躇して
もしかしたらまだ息があったかもしれない
ひょっとしたら助かったのかもしれない
助からなくても
冷たい雨にさらされないで、暖かい所で眠るように死ねたかもしれないと
ただただ、考えてしまうばかりで

自分はとても、ひどく弱いなと
ひしひしと、痛感しました



あの猫は

生きてたんでしょうか
死んでたんでしょうか
助かったんでしょうか

痛かったでしょう
つらかったでしょう
そもそもなんで、引かれたんでしょう
なんで引いた人は、病院に連れて行かなかったのでしょう
なんで気がついた自分は
せめて生死の確認を、みてやれなかったんでしょう


ごめんなさい

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tokihiko.blog77.fc2.com/tb.php/137-0670d4f3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。